文学部歴史学科・史学専攻

デザイン研修チームが京都学歴彩館寺子屋講座「京都の歴史を歩こう!粟田口編」を実施しました。

2018年12月15日(土)10:00~12:00、京都府立京都学歴彩館寺子屋講座「京都の歴史を歩こう!粟田口編」を実施しました。

テーマを『創造(クリエイト)』として、上杉准教授(文学部歴史学科)の指導のもと、京都府立大学歴史学科文化遺産デザイン研修チームが企画しました。

当日は天候が心配されましたが、なんとか雨も上がり、府民の方々約20名に参加していただくことができました。学生メンバー、歴彩館関係者も合わせると約40名となりました。

今年度は地下鉄東西線蹴上駅から東山駅まで、インクラインや粟田神社、旧竹中邸に立ち寄りながら歩きました。

遠足中は府民参加者とメンバーからなるグループをつくり、各ポイントで学生メンバーが参加者全員の前で説明をする他、移動中にはメインで紹介できなかったところの解説をしたり、府民参加者との会話を楽しみながら、遠足を終えることができました。

遠足の開催にあたり、ご協力頂いた京都府立総合資料館の関係者の皆様、歴史学科の先生方、そして参加して頂いた府民の皆様に感謝申し上げます。(歴史学科3回生 藤澤愛)

現地での解説

一覧に戻る

ページの先頭に戻る