文学部歴史学科・史学専攻

歴史学科が京都文化博物館『古社寺保存法の時代』展に協力しています。

京都文化博物館において、以下の『古社寺保存法の時代』展を開催します。歴史学科では、文学部教員横内裕人教授が展示企画委員に参画し、歴史学科の院生・学部生が図録執筆・展示解説などに携わっています。

【開期】 2019年1月5日(土)~3月3日(日)
【開館時間】 10:00~19:30(入館は19:00まで)
【休館日】 月曜日(祝日の場合は翌火曜日休館)
【会場】 京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)
【入場料】一般500円(400円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料※( )内は20名以上の団体料金

展示解説
日時 1月20日、2月17日、2月24日、3月3日 各日14:00~、40分程度
会場 本館2階展示室内
京都文化博物館学芸員および京都府立大学文学部 歴史学科の学生がトークを行います
※事前申し込み不要、参加費無料(ただし、当日の入場者に限ります)

シンポジウム 「宝物と政権の歴史的諸相」
日時 1月6日10:30~17:00
パネリスト 家塚智子(宇治市源氏物語ミュージアム)、稲本泰生(京都大学)、中野慎之(京都府教育庁文化財保護課)、土屋貴裕(東京国立博物館)、増記隆介(神戸大学)、森道彦(京都文化博物館)
コメンテーター 横内裕人(京都府立大学)

会場 京都文化博物館別館ホール、参加費無料、ただし総合展示入場券が必要、申し込みは、京都文化博物館ホームページ「総合展示イベント申込フォーム」(https://www.bunpaku.or.jp/exhi_sogo/form/)より、参加者1名毎にお申し込みください。)

展示の検討

一覧に戻る

ページの先頭に戻る