文学部歴史学科・史学専攻

藤本仁文准教授が『将軍権力と近世国家』を刊行

『将軍権力と近世国家』

藤本仁文著

2018年2月発行

塙書房 358頁

定価 9,180円(本体8,500円+税)

ISBN 978-4-8273-1294-2

 

徳川将軍が命じる領知宛行、転封(領知替)、参勤交代、軍役(幕府課役)が持つ本来の意味と機能を明らかにし、将軍を中核として形成された日本近世国家の特質を解明する。

【目次】

序章

第一部 将軍と大名

  • 近世京都大名火消の基礎的考察
  • 近世中後期上方における譜代大名の軍事的役割―郡山藩を事例に―
  • 幕府上方支配と譜代大名転封―享保九年柳沢氏転封を事例に―
  • 徳川将軍権力と参勤交代制

第二部 将軍と領主制・官僚制

  • 近世上方支配の再編
  • 近世都市消防制度の成立
  • 江戸幕府軍事戦略の転換―上方幕府直轄都市と譜代藩―
  • 徳川将軍領知宛行と全国支配権

終章

 

 

一覧に戻る

ページの先頭に戻る