文学部歴史学科・史学専攻

2019年度地理学実習現地調査報告書『宜野湾市』を刊行しました。

文学部歴史学科歴史地理ゼミ生が中心に受講する地理学実習では、毎年沖縄県で現地調査をおこなっています。2019年の対象地は沖縄県宜野湾市でした。

 2020年3月にその成果報告書をまとめました。目次は以下の通りです。

「2019年度地理学実習現地調査報告書 宜野湾市」

目次
<第一部 宜野湾市現地調査報告>
鈴木更紗「宜野湾市の郷友会―字宜野湾・字神山郷友会を事例として―」
 コラム:菊川歩夢「沖縄最古の映画館「首里劇場」」
佐野将大「大山区における田芋栽培」
 コラム:奥谷慎也「琉球競馬とその馬場跡」
篠原 光「嘉数区・大謝名区・我如古区における人々の生活と水の利用」
 コラム:奥谷慎也「首里城火災」
奥谷三穂「沖縄における拝所の信仰―宜野湾市嘉数区・大山区・真志喜区の調査から―」
<第二部 慰霊碑調査編>
伊藤美梨子「野嵩区の慰霊碑」
上杉和央「普天間区の慰霊碑」
伊藤美梨子「新城区の慰霊碑」
上杉和央「喜友名区の慰霊碑」
奥谷慎也「伊佐区の慰霊碑」
伊藤美梨子「大山区の慰霊碑」
伊藤美梨子「真志喜区の慰霊碑」
上杉和央「大謝名区の慰霊碑」
奥谷慎也「宇地泊区の慰霊碑」
小川大地「嘉数区の慰霊碑」
菊川歩夢「真栄原区の慰霊碑」
上杉和央「佐真下区の慰霊碑」
上杉和央「我如古区の慰霊碑」
鈴木更紗「宜野湾区の慰霊碑」
鈴木更紗「神山の慰霊碑」

発行 京都府立大学文学部歴史学科文化遺産学コース(上杉研究室)
刊行 2020年3月

一覧に戻る

ページの先頭に戻る